FC2ブログ

白光のヴァルーシアのレビューを!

  • 2011/07/26(火) 00:13:02

本日のレビューは「白光のヴァルーシア」で~~す
画像どどどーん

091125-00.jpg

 からのあらすじ!


1906年の中頃。未知世界の都市の一つ、砂漠都市「ヴァルーシア」が舞台となる。
約千年間、都市はドーム型の外壁と《大天蓋》に閉ざされていたが、既知世界と西享との交流を1904年に開始した。
現在、未だ青空はあるものの、都市内部に灰色の煙を吹く機関区もあり、今後の発展次第では空が灰色に閉ざされることになる。
そして今、この都市を脅かすものはいくつもある。
人を消滅させる不治の病”恐怖病”、ホラーを崇める”白き死の教団”、1906年初頭に現れた100フィートを超える巨大なもの、恐怖そのもの――”アブホール”――である。
また、もう一つ。《盟約》を破る盗賊団らは、野心に満ちた自らの王に従い、太守ハールートの座を狙って動き始めるのだった。



分かりづらいでしょう?
ところがプレイしてみると・・・
やっぱり分かりづらい!


一見プラスなことばかりに思える「完成されきった世界観」
でもそれは初見プレイヤーを混乱されるという意味も持っているんですよね
そこに迷い込んでこそ楽しめるというもんですが
しかもそれに加えて今作は時系列と視点がグルングルン切り替わるので
さらにシナリオの流れに振り落とされないように必死にならないといけません


そしてそしてこのゲームはなんとフルボイスなんてです!!!!!!!!!!!!!!!!!
え?2009年の作品で何をそんなに恥ずかしいことを堂々と言ってるかって?
このブランドのライアーソフトは今までパートボイスが常識だったんです
このゲームで初のフルボイスなんですよ~


この作品をプレイする前はちょっとした心配がありました
同シリーズの「赫炎のインガノック」「漆黒のシャルノス」は中古で4~5千円したんですよ
ところがこの白光のヴァルーシアは新品で千円で買えたんです!
もしかして凄い駄作なんじゃないかな・・・・と不安になりましたよ
しかし全く前作品に劣らない名作でした!
というよりむしろやればやるほど味に深みが出てくるんですよこのシリーズは
おそらく値段が下がった理由はこのシリーズの世界観に挫折した人たちが多かったからじゃないでしょうか・・・
やっぱり好みがあるからそれは仕方の無いことなのかなぁ
この作品に詰まってる多くの愛には感動するって感情は共通だと思うんだけどなぁ~
もちろんハマれた人はどんどん世界を広げていきましょう!!
フルスクリーンでプレイしたらもうそこはスチームパンクの世界!!!

そうですたくさんの愛。
アナとカシムの愛、とってもいいんですよねー
アナのね、セリフではなく思考が特に魅かれます
思考っていうよりもはや詩に近いですね
とても心地いいです

3章なんて物語の意味が見えてきた瞬間に泣いてしまいましたよ;;
もう1つの魅力としては
「こんなシナリオにしたらプレイヤーの皆様が納得してくれないんじゃないかなぁ・・・」
なんて微塵も考えてない気がするところですね
「このシナリオがこのゲームなんだよ文句あっか?ん?ん?」
って感じですかね
プレイヤーに媚びてちゃ良いシナリオは生まれませんよ

しかしそんな大風呂敷をだだっ広げるのには
ちゃんと相応しいシナリオがそこにはあるって理由なんでございますよ
もう本当にハマっちゃったよ^^


以上^^^^^^^^^^




超融合!時空を超えた絆デッキを頭の中で作ってみた

  • 2011/07/25(月) 01:10:47

今日紹介するデッキはこちら!
「超融合!時空を超えた絆」デッキです!!

1332.jpg


モンスター 17
ブラックマジシャン3
E・HEROエアーマン1
E・HEROプリズマー3
E・HEROアナザーネオス3
クルセイダーオブエンディミオン3
エヴォルテクター シュバリエ3
オネスト1

魔法  20
ヒーローアライブ3
黒魔術のカーテン2
黒・魔・導2
増援1
死者蘇生1
超融合2
ミラクルフュージョン2
巨大化2
ハリケーン1
デュアルスパーク2
スーペルヴィス2

罠  3
活路への希望2
神の宣告1


遊戯「黒魔術のカーテンを発動!ライフを半分払う!」
十代「ヒーローアライブを発動!ライフを半分払う!」
遊星「活路への希望を発動!ドローぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおううううううふふうふふ」

というドローしてどや顔をする、略してドロ顔デッキです

ブラマジプリズマーと光デュアルを合わせたような作りになりましたね
スーペルでブラマジ蘇生できる辺りがなかなかのシナジー

え?遊星要素が少ない?
波動竜騎士ドラゴエクィテスとか出しちゃえばいいじゃない!

以上!

「何処へ行くの、あの日」のレビューだね【MOONSTONEスペシャル!】

  • 2011/07/24(日) 01:21:30

本日のレビューはMOONSTONEさんから発売した「何処へ行くの、あの日」です!
とりあえず画像!

d_top.jpg


みんな元気ないですね・・・

あらすじ!!!

俺が殺した少女は誰だったんだろう


桐敷学園に通う高校生、国見恭介は少女を自らの手で殺したという記憶と、夜ごと繰り返される、その瞬間を見せられる夢。そして義理の妹である絵麻との、誰にも言えない関係に悩まされていた。それらを除けば絵麻との二人暮らしの生活は至って平穏なものであったが、そんなある日、恭介は「マージ」と呼ばれる、時間を遡れるというドラッグが出回っている事を知る。マージに興味を抱き、いつしかこれを手に入れる事になった恭介は自らを悩ませる忌まわしき記憶の真相を突き止めるべく、これを使う決意をする。そして、それは彼の身近な少女達がその心の中に秘めていたものに恭介を導いていく事になるのだった。




暗い絵といい、暗いシナリオといい、萌えさせる気はなさそうですね^^;
でも「俺が殺した少女は誰だったんだろう」という文句だけで引き込まれちゃいますよね

まぁさっそくやってみての感想ですね

萌えはね、ないよ

呉さんが書いた前作の「あした出逢った少女」もサスペンス一筋みたいな感じでしたね
それに独特の世界観を新たに加えて「何処へ行くの、あの日」が出来た感じですかね
さらに萌え養分を加えて出来たのが次の作品の「Gift」ですね
そしてさらに感動を加えて完成したのが「Clear」だと思います

c24832package_s.jpg


このように並べて考えてみるとMOONSTONEは日々進化をしていますね
なのでこのタイトルを文字って「何処へ行くの、月石」なんて言われ方もしてますね
僕はそれはけして悪い意味ではないと思いますよ
変わらない良さがあるなら、変わり続ける良さだってありますよ

ってことで萌えはGiftから加わった感じなので
この作品では終始「死」の臭いが不気味に漂っています
やり始めればすぐにその感覚を理解してもらえると思うし
やり終えればその意味が分かると思います

先ほど進化し続けているという表現を使ったけど
退化の対義語として使ったわけではありません
変わり続けているということであって、毎回毎回が完成品だと思います

そしてこれが今週発売のMOONSTONEの新作である
checkしときな!

PrincessEvangile~プリンセスエヴァンジール~応援中!


レビューに戻りますがとにかくこの作品は素晴らしい!
今すぐにでももう1周したいくらい!
文句なしです!

あっ、1つだけありました

なんというのでしょうか

ライターと絵師とが疎通出来てなかったと言うことなのでしょうか
こちらのシーンをご覧下さい

ffd.jpg



そらしてるやろ!!!
しかもしばらく普通に挨拶や雑談を済ませたあとにこのセリフですからね
冷静に対処するという部分では100点な対応なのでしょうが

以上

ゼアルSTARTER DECK プレゼント反省会

  • 2011/07/23(土) 00:24:39

大人気放送中アニメ遊戯王ゼアル!
その1話~3話で発表される3つのキーワードを書いて応募すると
STARTER DECK2011が200名様にもらえるということでした!

1話で発表された1つ目のキーワードが「ゼ」

・・・・・・・
ゼアルやろおおおおおおおおおおおおおお

ということでまぁキーワード3文字は予想通りゼアルだったわけで応募しました!
1箱買ったんですがホープがもう1枚欲しかったんでね

だが!!!!!
いまだに届かない;;
これから届くのかな?;;;
それともハズレたのかな;;;;


↓ 応募したハガキはこちらなんです ↓

IMG_0794.jpg


敗因が見当たらない完成度!!!!

友達に見せたら「字きたねぇーよwww」と殴られました


以上

恋ではなく――ベッドシーツ届いた!

  • 2011/07/22(金) 00:28:30

「恋ではなく」初回版購入特典応募者全員全員プレゼントのベッドシーツが届きました!
(間違えて全員を2回も打ってしまいましたよ^^;)

DCF_0099.jpg


まだ未開封ですね^^;

ちなみに絵柄は↓こんな感じなんですよ↓



redr.jpg


うっひょーーー


よく考えたらこのブログの一番最初のエロゲの記事はこのゲームのレビューでしたね~
ちなみにこちらですね
http://uusshmhmba.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

このベットシーツを見て思うこと

やっぱり顔はタイプだ!

以上w