スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町からアイマスウエハースが消えた

  • 2012/08/31(金) 23:49:51

こんばんはレダメ。です!!

アイマスのウエハースが発売してからコンプリートを目指して買ってたんですよ

けっこう集まったのですが・・・

こちら!!


アイマスウエハースカード



22種類集まりましたよ!
あと8種類となったのですが
いつも購入していたコンビニからこのウエハースが売られなくなりました;;
他もまわってみたけど時期的にもう終わりみたいですね・・・


オークションの落札結果を見てみると
はるか、律ちゃん、あずささん、いおりんのサイン入りは千円を超えてますね
あみまみのサイン入りは2千円超えててビビッたww
大事にファイルに入れておきます



第3弾があればコンプしてやるぞ!!






以上



スポンサーサイト

「妻しぼり」のレビューなの

  • 2012/08/30(木) 22:17:36

本日レビューを書かせていただくエロゲは「妻しぼり」です!!


画像だ!!


妻しぼり






あらすじ



大学卒業を間近に控えた心羽幸介(しんばこうすけ)は、彼女もいなければ、浮いた話の一つさえないような、女性とは無縁の生活を過ごしていた。
そんなある日、業を煮やした父親に、見合い話を持ちかけられて、半強制的に見合い相手と同棲することになる。
二人の監視役としてやってきた咲良(姉)と、お見合い相手の円(妹)。
美人姉妹と奇妙な同棲生活が始まった。





90年代はアリスソフトとelfがライバル関係なんて言われてよく比べられてました
そんな理由からエロゲ好きの間で「アリス派?elf派?」という質問が良くされますね
お笑いで言う「とんねるず派?ダウンタウン派?」みたいなものです
僕は正直ダウンタウン派です
そしてelf派です
「派」と言いますか、単純にアリス作品を全然プレイせずelf作品ばかりプレイしているからなのですが
そんな僕ですがこの「妻しぼり」をプレイしてアリスソフトの凄さを知りました


このゲームは簡単に言うと淫らなゲームです
ほとんどのヒロインの攻略条件が妊娠させることです
つまり出来ちゃった結婚前提のお付き合いというわけです
淫らですね~


もう1つ特徴を挙げるならヒロインが一人を除いて全員年上ということ
○級生シリーズの年上キャラだけを集めたようなゲームです
そりゃハマりますよ


最近はだいぶ年上の女性に魅かれるんですよね
ちょっと前まではそんなんじゃなかったのに
でも年齢のストライクゾーンって変わるもんですね
学生時代なんて20代の女性は考えられなかったですもの
30代なんてもってのほかですよ

「ジャングルはいつもハレのちグゥ」という漫画があります
主人公はハレ、10歳
母親はウェダというのですが、このウェダをクライヴというオヤジが口説いてくる
中学生の時にこれを読んで思ったことは「気持ち悪い」でした
自分の母親を口説かれるというのは子供にとって気持ちの良いものではないですよね
しかし最近読み直してみると自分の中でウェダを口説くというのが全然アリに変わっていました
つまりどういうことかと言うと読み手としての自分の視点がハレからクライヴに移ったのだと思います
プレイヤーの年齢によって感じ方も変わるということですね
なので学園物のガキみたいなヒロインにウンザリという方にはこの「妻しぼり」をやってみて欲しいです



あと言っておきたいことが1つ
ヒロインの一人に律子という教師がいる
この律子先生にこんなセリフがあります
「あふぅぅぅっ!あはぁ!あっ、いいっ!
んあっ!?先生に射精してるのねっ!?
ああっ、教え子に中出しされてるっ!」
主人公が生徒で、ヒロインが教師の場合によく発せられるセリフですね
僕はこのセリフが好きじゃないです
なんだよ教え子にって
お前は教え子なら誰でもいいのかよ
違うだろ!
幸介という個人を好きになったのでしょうが
これは教師と教え子という関係で興奮したいがためのセリフですよね
律子と幸介という愛し合った関係から来るセリフではない
もしかしてプレイヤーを興奮させるために用意されたものなのですかね
そんなのいりません
どうぞ愛し合って下さい




いやぁ~しかし楽しませていただきました~
来月に同ブランドから発売する予定の「母娘乱館」も同じようなシステムで面白そうですね!
もしかしたら買うかも・・・
とりあえずこの「妻しぼり」はオススメです!



以上



エロゲ買ったらぼったくられた

  • 2012/08/29(水) 21:31:02

こんばんはレダメ。です・・・


今までにこんな悲しい記事のタイトルがあったでしょうか・・・


まぁ店名は伏せますよ


買ったのはこちらです



激安エロゲ


どMな人向け、大女難ストーリー
『ふぇいばりっと Sweet!』


婦人科診療系コメディAVG
『診てくださいます?』




小さいですけど値札シール見えますかね
149円と150円なんです
正直この2つの作品には全く興味がなかったのですが安いという理由だけで買ってみようかなと思いました

そして・・・
事件は起こった・・・


こちらのレシートをご覧下さい



レシート



値段が倍になっています
もちろん僕は店員に言いましたよ
「あのこれ値段違いませんか?」
すると店員はこう言った
「違いません」


僕「でも値札シール見て下さいよ」
店員「これは関係ないです」


僕は理不尽に思い「ちょっと別の店員を呼んでください」と言おうとした
しかしその時、僕はその言葉を飲み込んだ
ちょっと待て、今僕は何を買っているんだ
『ふぇいばりっと Sweet!』とかいうよく分からないエロゲと
『診てくださいます?』とかいうもっとよく分からないエロゲだ
この恥ずかしい買い物をしているという事実をさらに他の人に知らせることが嫌だった
いや僕は絶対に悪くないし正しいことをしようとしている
しかしどんなに正しいことを言ったって買ったものはエロゲだ
もし別の店員を呼んで無事に半額の値段になったとしても
僕が店を出た後に笑い話として一盛り上がりするだろう
もしかして僕がそうやって抗議を躊躇うということを先読みして値段を倍にしてきたのだろうか
しかし僕には提示された値段で買うことしか出来なかった
最初からその値段だって言ってくれたら買わなかったんだけどな・・・ははは・・・
家に帰ってきてこの2本のエロゲを見る度に「あの時どうするべきだったのだろうか」と考えてしまう
別の店員を呼んで「ちょっと!これ診てくださいます!?」とでも言えばウケたのだろうか
もちろんそんなこと言う勇気はないのだけれども


正直もうゲーマーズには行きたくないです

あっ!
しまった!
店名を言ってしまった!!!
ごめんなさい!!
わざとじゃないんです!!
信じて下さい!!


そのうち2本ともレビュー書きます


以上



催眠導入機って何やねん

  • 2012/08/28(火) 21:47:15

こんばんは!
レダメ。です!!

こちらを買ってきましつぁ


メガストア



月刊メガストア2012年9月号

メガストアは初めて買いました
ゲームまるまる一本が付録として付いて来ることで有名ですよね


凌辱ゲームフェス特集ですか
抜きゲーはあまり詳しくないからこれで勉強しようかな!


そしてこの号の付録ゲームは「催眠学園」です
プレイしてみようかな!
終わったらレビューも書きますよ~


エロゲをプレイする時は何かしらの期待があるからなわけですが
こういう何とも思ってない作品と向き合ってみるのも面白いかもしれませんね


以上



「無限煉姦~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~」のレビューよね

  • 2012/08/27(月) 23:34:21

本日レビューを書かせていただくエロゲは「無限煉姦~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~」です!


画像!!



無限煉姦



何も見えてない!




あらすじ



絶対的な階級制度が敷かれた世界で、下劣な化け物の隷奴として主人公は日々、肉体的・精神的な淫辱を受けていた。
そんなある日、主人公はこの世界の王と共鳴したことで不老不死の肉体を授かり、同時に一切の権利を剥奪されることとなる。

主人公に襲い掛かる、猟奇的で残忍な凌虐暴行の数々。
死なずの身体をオモチャのように扱い、娯楽として愉しむ街の住人たち。
不老不死ゆえに自殺することも叶わず、主人公は苦しみから永劫に解放されることはない。
そんな中、王を殺せば自分も死ねると知った主人公は葛藤の末に王に刃を向けるが、そのたくらみは失敗し、追われる身となって王の街から逃亡することとなる。

それから幾つもの出会いと別れを経て……
時には王からの追手に脅かされたりしながら、主人公は無限の如く続く時間を過ごすことになる。

果たして、永遠の命を持つ者の未来とはどんなものなのか。
残酷な運命を強いられた少女の物語が始まる――






エロゲって他のゲームと比べると人とのコミュニケーションってとりにくいですよね
対戦プレイや協力プレイが出来るゲームやネットゲームに比べると他人と一緒に楽しむということが難しい
しかも18禁ということもあり日陰の存在とも呼べるでしょう
やっぱねオタクってはしゃぐのが好きじゃないですか(語弊MAX)
だから孤独に文字を読み続けてるだけではなくて、はしゃぎたくなるんです
例えばとあるゲームが延期したとします
するとネットで
「うわああああああああああああああ」
とか
「ふざけんなああああああああああああ」
とかが書き込まれます
でも僕は思ってしまうのですよ
「本当にそんなにショックなのか?」
とか
「本当に楽しみだったのか?」
とかをね
例えばとあるゲームがマスターアップしたとします
するとネットで
「きたああああああああああああああ」
とか
「楽しみいいいいいいいいいいいいいいい」
とかが書き込まれます
でも僕は思ってしまうのですよ
「本当にそんなに嬉しいのか?」
とか
「騒ぎたいだけじゃないよね?」
とかをね
つまり何が言いたいかと言うと
「エロゲヲタのお祭り会場砂漠化現象」が起きている気がします
とんでもない神ゲーが発売されたらそれでギャーギャー騒げるわけですよ
でもそんな作品が最近全然来ないから仕方なく延期やマスターアップで騒ぐしかない
でプレイしてみて少しでも良ければ過去の名作と比べると劣っているなんてこと関係なく騒いでしまう
これが新作補正という現象の原因なのでしょうね
だから本当の名作を知っている人が「お、これ面白いのか」と勘違いして「微妙じゃん・・・」ということになってしまう

で、この作品の話をしましょうか
2011年のものですよ
この年に本気でお祭り騒ぎしたくなった作品は「WHITE ALBUM 2-closing chapter-」と「ボクの彼女はガテン系/彼女がした事、僕がされた事/巨乳妻完全捕獲計画/ボクの妻がアイツに寝取られました。」だけでした
WHITE ALBUM 2は丸戸信者がその他を巻き込んでの大騒ぎ
ガテン系はntr属性たちがelfファンのおっさんたちを上回るお祭り騒ぎ
だからまぁこの2作品はちゃんと話題になったので良かったです
しかしこの「無限煉姦」はもっと騒いでもいいんじゃないかってくらい楽しめました
これも自分の中で新作補正が含まれているのかなぁ
いやでも楽しめたのは事実です
「EXTRAVAGANZA ~蟲愛でる少女~」でも感じたのですがシナリオライターの和泉万夜さんは長編成長物語を描くのが上手ですね
たった何ヶ月かを切り取った作品が多い中でこれだけの成長を長きに渡って描けるのは素晴らしい
しかもちゃんと隅々までエロく、そしてエグい展開を用意出来ているので欠点も少ない
他のことで騒ぐ元気をこの作品に分けてくれ~~~~~

誤解があるといけないので言っておきますが本当に騒ぎたいことで騒ぐことは全然悪くないんですよ!
ぶっちゃけ「本当に楽しみだったのか?」なんて思いながらも羨ましくて仲間に入りたがっている、寂しさから両手を広げている僕でした
このブログだって世界と自身とを交差させる言葉伝えるためのチャンネルですからね
ただ騒ぐためのエロゲじゃなくて
騒がせるようなエロゲが良いんです

間違いない!
無限煉姦オススメよん!



以上



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。