スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロゲを5本買ってきた><

  • 2013/02/28(木) 22:17:02

こんばんは!
レダメ。です!

エロゲを買ってきました~

まだプレイ出来てないゲームがあるというのにっ!
積みゲーもプレイしたいから買ったわけでして、いつかは全部終わらせてやりますよ!


で、今回買ってきた作品はこちら~




暁オーバーフロー



左上
さあ、おとぎ話をはじめよう
『コミュ -黒い竜と優しい王国-』


右上
お兄ちゃんは、私のこと知りたくないの……?
私は全部お兄ちゃんに知っていてほしいって、思っているんだよ……
『妹でいこう!』


左下
お兄さん、ボクもぅ大人だョ…
ぜんぜん平気だから、お願い------
『スノー・ラディッシュ・バケーション!!』


真ん中下
ぼくは、これから起こる出来事が一生の宝物になるなんて、あの時は思いもしなかった。
『サマー・ラディッシュ・バケーション!!1.1』


右下
ついに始まる真夏の2ndステージ!!
絶対に振り向かせてやるんだから!
『サマー・ラディッシュ・バケーション!!2』






「るいは智を呼ぶ」と「‘&’ -空の向こうで咲きますように-」はプレイしたのにコミュだけは未プレイだったので買ってきました~
どちらも楽しめたので、これも面白いと思います!!!

そしてその他4本はオーバーフロー作品・・・
「オーバーフロー プレミアム・トリロジーBOX」でオーバーフローデビューをしまして、収録されていた3本の作品が良かったので、その後の作品たちを買ってきました^^
この4本をプレイし終わったら「School Days」という作品もプレイしてみたいと思います><



ではさっそくプレイしてきまぁ~す




以上



スポンサーサイト

Xbox版「CROSS†CHANNEL」のレビュー、ここに爆誕。

  • 2013/02/25(月) 23:32:12

本日レビューを書かせていただく作品は「CROSS†CHANNEL ~In memory of all people~」です。


画像、失礼しますしますしますっ!!!!



CROSS†CHANNEL 〜In memory of all people〜




あらすじ、失礼しますしますしますっ!!!!



学院の長い夏休み。崩壊しかかった放送部の面々は、個々のレベルにおいても崩れかかっていた。
初夏の合宿から戻ってきて以来、部員たちの結束はバラバラで。今や、まともに
部活に参加しているのはただ一人という有様。

主人公は、放送部の一員。夏休みで閑散とした学校、ぽつぽつと姿を見せる仲間たちと、
主人公は触れあっていく。

屋上に行けば、部長の宮澄見里が、大きな放送アンテナを組み立てている。
一人で。

それは夏休みの放送部としての『部活』であったし、完成させてラジオ放送することが課題にもなっていた。

以前は皆で携わっていた。一同が結束していた去年の夏。
今や、参加しているのは一名。

そんな二人を冷たく見つめるかつての仲間たち。ともなって巻き起こる様々な対立。
そして和解。バラバラだった部員たちの心は、少しずつ寄り添っていく。


そして夏休み最後の日、送信装置は完成する―――
装置はメッセージを乗せて、世界へと―――





Xbox版でございます。
元のPC版はプレイ済みでございます。
これ以前にPS2にもPSPにも移植されてたんですが、そのどちらもプレイしたことはありませんでした。
なので喜びが大きかったのが追加CGですね~
初の移植版プレイなので新規CGがとても新鮮でした。


プレイ前に知ったんですがXbox版で新テーマソングがオープニングとエンディングで追加されたんですよね。
嬉しくもあるのですが、僕は初期のBGMのみに誰も居ない教室でカーテンが揺れているOP以外認めたくないんですよね。
あれはけして手抜きなのではなく、あれこそが完成しているOPなんですよ!
なので他のものに変わっていたらショックだなぁ~と思っていたのですが、ちゃんとそのままでした。
Xboxというハイテクゲーム機であのシンプルな映像ってのがまた良いですねw


で、気になる新曲は追加部分のANOTHER STORYで使われていました。
その追加シナリオについても述べたいのですが、まずはPC版とXbox版の変更点から!
まずは、もちろんエロネタ規制・・・
太一がセーフティモードになって全然伸び伸びと出来ていないじゃないか!
太一がしているのはセクハラなんかじゃないことは常識だろ!


それと同様に勿体無いのが著作権的規制。
友貴の「おじさんはおじさんコミュニティで得意のガン○ム話でも永遠にスパイラルさせておけばいいんじゃないかな?」という危険な発言もなくなってしました。
あと世界最強のサブミッション婿固めの「マスヲホールド」の文字も消えていました。
結構インパクトのあるワードだったんでなくなったと気づいたときは寂しかったです。


あと逆に規制が緩くなったのが登場人物の年齢ね。
PC版では。
太一{年齢は?」
美希「言えません」
太一「年齢を言えないだと?理由は?」
美希「理由も言えません」
太一「二十歳より上かね、下かね?」
美希「下です」
太一「18歳より下かね?」
美希「外見は15歳くらいに見えるとよく言われます」
太一「誰が主観の話をしろと言った」
美希「仕方がありません。真実をお話します・・・うっ、突然お腹が痛みました」
太一「最後に教えてくれ。君は高校生で女子高生と女子校生で生徒手帳なのではないかね?」
美希「その四つの単語はこの世に存在しません」
太一「最後に年齢は?」
美希「十万十五歳です」
というタブーに挑んだ長々としたやりとりがありました。
しかしXbox版では。
太一「年齢は?」
美希「15歳でーす」
太一「年齢を言えないだと?理由は?」
美希「言ったじゃねーか」
と普通に言えてしまうんですよね。
言えてしまうからPC版を知っている人しか分からないギャグが繰り広げられています。
この発想の転換ギャグは良いっすね~
まぁ初見プレイの人には親切ではないですが・・・


僕がXbox版をプレイしようと思ったきっかけは「Xbox 360版はPSP版に比べ、シナリオのボリュームが1.5倍に増えている」というのを目にしたからです。
それならFDを遊ぶ感覚で楽しめるんじゃないかとね。
ANOTHER STORYとAFTER STORYが追加されました。
ANOTHER STORYは公式設定資料集に載っていたシナリオをゲーム化したもので、僕は既に見たことありました。
つまりAFTER STORY狙いですよ!
田中ロミオさんの書き下ろしですし!
ということでAFTER STORYの感想を・・・
まずこのAFTER STORYで田中ロミオさんは何をやりたかったのか。
やっぱり移植の際にエロネタが規制されることに納得がいってなかったと思うんですよ。
なので恐らくですが、このAFTER STORYではエロさの補充だったのではないでしょうか。
規制されないギリギリのグレーゾーンを狙い打ったロミオさんの反抗だった気がします。
その頑張ってエロくしてるなぁというので楽しませていただきました。


それにしても桜庭のキャラが変わりすぎですよね?
何年後かの話だからそうなったのか?とか考えてみたんですが、過去のエピソードでもキャラが違うからもうどう考えていいか分からなくなりました。
結構ショックでした。


僕は桜庭が好きなんですよ!
愛を感じますよね。
太一への友愛です。
男同士の愛だからといって棒やら穴やらの関係じゃないですよ。
なんかそっちに行きがちじゃないですか。
別に男同士の肉体関係を批判するつもりはありませんが。
でもなんか男と男が肉体で愛し合うのって、女への愛し方を男に当てはめているような気がするんですよね。
桜庭が太一に言うセリフでこういうものがあります。
「俺の性欲は、あの日、あの時のおまえに奪われたままさ」
ぶっちゃけカッコいい。
桜庭が太一のことを本当に愛していたというのは最後のシーンで分かりますよね。
僕の中での桜庭は申し訳ないけどやっぱりPC版のままにしておきます・・・


ヒロインの中では誰が一番好きかなぁ?
全員良いのですが特にみみ先輩はかなり好きですね。
一番共感出来るといいますか・・・
例えば、僕は信号機を守りたい人なんですよ。
世の中の大人って短めの横断歩道なら信号が赤でも渡ってしまうじゃないですか。
でも僕は青じゃないと渡りたくないんですよ。
この場合は僕が100%正しいわけです。
しかし皆が信号無視をしているのに、僕一人だけきちんと待っていると、逆に恥ずかしくなってくるんですよね。
なぜルールを守っている僕が信号機より顔を赤くしなくてはいけないのか。
そんな時に僕は「ままならねーですーっ!!」と叫びます。(心の中で)
そんな乱れたことが溢れている世の中はみみ先輩にはだたの地獄ですよね。
大学に進学したみみ先輩が心配で仕方がないよ><


でもやっぱりこの作品の一番の重要人物といったら主人公の太一ですよね。
怪物を描くとき、どうすればいいか。
簡単な方法はおどろおどろしい容姿にすること。
しかしこの作品で描かなければいけないのは、人の形をした怪物。
容姿で怪物を表現することは出来ない。
行動や言葉、思考で怪物を表現しなければいけない。
それがしっかりと出来ているのが素晴らしい。
太一の思考にこういうものがある。
「ありとあらゆる人間関係において軽度の攻撃は、快楽になる。
強すぎれば損傷するが、基本的に人が人に触れる手段は攻撃しかない。
交友とは、手加減の上手さでしかないように思う」
あぁ~それなんか分かる気がするぅ~、とか軽い気持ちで言ってはいけない思考だと思う。
正直僕には理解出来ない思考です。
その理解出来ない思考こそが怪物を作り上げられているんですよね。
いかに怪物だということを文章で表現出来ていることがこの作品の凄いところです。
その太一の願いが優しく傷つけあうことなわけで、それこそが七香のいう「財産」なんですよね。
僕はこの作品のこの部分に強い魅力を感じます。
ループゲーなんて言われたりしますが、正直僕はループ物だからどうとかは特にないです。
そして涙してしまったり悲しくなったりはしますが、泣きゲーとか鬱ゲーとかカテゴライズするのは難しいですこの作品は。
まぁ無理にカテゴライズする必要はないでしょう。
しかしこれだけは言い切れます。
オススメです。



以上












本を3冊買ってきました

  • 2013/02/23(土) 23:17:56

こんばんはレダメ。です!!


本を買ってきましたよ~


こちらなんです!!




vジャン3つ




ナゼナラ!!




ハーピィダンサー




可愛い!
ついつい3冊も買ってしまいましたよ~

それにこれは絶対に値上がっていくと思うんですよ・・・

半年くらい前に最強ジャンプというものを買ったんです。
http://uusshmhmba.blog.fc2.com/blog-entry-430.html
↑これね

でこの500円で手に入れた「炎星皇-チョウライオ」を最近調べてみたら2千円に値上がってました!
4倍ですよ!

なのでこのハーピィダンサーももしかしたらね・・・



再録はやめてくれたまえよ!!




以上



「ときめきメモリアル 旅立ちの詩」のレビューっしょ

  • 2013/02/21(木) 23:22:48

本日レビューを書かせていただく作品は「ときめきメモリアル ドラマシリーズVol.3 旅立ちの詩」です!



画像!!!


ときメモ旅立ち




あらすじ!


舞台は高校卒業目前の2月。ずっと心に抱いていた藤崎詩織への思いは高まる一方。しかしその矢先、バレンタインデーに詩織が放った一言に彼は衝撃を受ける。詩織にとって自分とはどういう存在なのか、自分は詩織にとってふさわしい男なのか、そして自分には何があるのか。そんなとき、ふとしたきっかけで始め、一度は諦めたマラソンに、己の全てと詩織への情熱をぶつけることになる。 一方、彼の元にかかってきた1本の間違い電話。その電話の主は…。




ときメモドラマシリーズのラストです・・・
ということでメインヒロインは詩織です。
そして今までは1本道でしたが、今回はルートが2つあります。
そのもう1人の攻略ヒロインはなんと館林見晴!
まさかこの娘にシナリオがつくとはね・・・
見晴は僕がときメモ本編で最初に攻略したヒロインでした。
ときメモ攻略法を知らず、全ての女の子に嫌われていた僕に、唯一微笑んでくれたのがこの見晴でした。
まぁ元は誰の告白条件も満たすことができなかった場合のプレイヤーの救済用ヒロインらしいですけどね。
それで今回特に凄いと感じた部分は、素敵な後付、です。
だって見晴なんてただのストーカーだったんですよ。
それをこの作品では可愛くて切ない恋愛感情として描かれているわけです。
逆にストーカーの被害者である主人公に、もっと好意を大事にしろよ!と腹がたってくるんです。

それと詩織にも素敵な後付がされてました。
ときメモ本編で幼馴染だった2人がクリスマスに一緒に過ごさなくなった原因の話で。
詩織「覚えてないの?小学生のとき、勝手に友達とクリスマスパーティの約束しちゃったの誰だっけ?」
主人公のせいか・・・と思わせたところで。
詩織「わ・た・し。」
という笑えないギャグがあったんですよ。
でもそんな詩織の裏切りにも素敵すぎる後付がされてます。

つまりとにかくどちらのルートも素敵なんです!
感動させられましたよ・・・
そして2つのルートが終わった時、あることに気づきました。
前作の「虹色の青春」と「彩のラブソング」のアフターシナリオが収録されてると前もって聞いて楽しみにしていたのですが、ないんです。
なんでないんだよ!と思いネットで検索してみました。
出現条件は2つのルートをクリアすること。
そして過去2作のセーブデータがあること。
どっちも満たしてるだろ!
詩織とも見晴ともハッピーエンドを迎えたし、1作目から順にプレイしてきたんだから!
あっ・・・、そういえば・・・。
僕は気づいてしまいました。
アフターシナリオが遊べない理由を。
それは「虹色の青春」と「彩のラブソング」はセガサターンでプレイして、「旅立ちの詩」はプレステでプレイしていたからです・・・
ふざけんな!!
そういう連動的なシステムにするなら別のゲーム機でプレイしたやつはどーすんだよ!!
おいプレステ!
お前は知らないだろうけどな!
こっちはちゃんと全部プレイしてんだよ!
ゲーム機がお前だけだと思うなよ!
久しぶりにキレました・・・
キレていても仕方がないのでいろいろ調べてみたら、どうやらポケットステーションを使えばセーブデータがなくてもプレイ可能になるみたいです。
ポケットステーションとか持ってないっす・・・
・・・











ポケステ






ということで買ってきました。
はやくプレイしたいのにポケットステーションを入手するのに時間がかかりましたよゴラ!
しかし虹色の卒業式も彩の卒業式もプレイすることが出来ました!
どちらも感動しましたよ・・・
でも虹野さんの告白も彩子の告白も、どちらも今更感が溢れてるんですよね~
あんだけのドラマを繰り広げたのに卒業式でやっと告白か・・・とね。
だからあの伝説ってのが学生時代の恋愛の自由を奪ってしまっている気がするんですよね。
しかしそれがテーマの作品だから仕方がないのですが。
とにかく結ばれて安心した!


いやぁ~、このドラマシリーズ3部作は素晴らしいですね!
出会えて良かった~♪
オススメ!


以上


「グリザイアの果実」のレビューなのよさ

  • 2013/02/19(火) 23:59:12

本日レビューを書かせていただくエロゲは「グリザイアの果実 -LE FRUIT DE LA GRISAIA- 」です!



画像!!


グリザイアの果実



あらすじ!



──その学園は、少女達の果樹園だった。

外敵から隔離された学園にやってきたのは、生きる目的をなくした一人の少年。

守るべき物を見失い、後悔と贖罪のみに費やされる人生の中で、
その少年に残されたのは首に繋がれた太い鎖と、野良犬にも劣る安い命。

そして少年は、その学園で少女達と出会い、新たな希望を見つけ出す。

──その少女は、生まれてきたことが既に間違いだった。

逆らった罪──生きながらの死
誰も守ってなんかくれない──そして生き残った罰。

そこは、少女達の果樹園。
彼女達は、後悔の樹に実った懺悔の果実。

そんな少女達に、俺に一体なにが出来る‥?

それは、一人の少年が夢見た永遠の希望──






シリアス路線で行くぞ!!!!というアピールがハンパないあらすじです。
それを売りにしている通り、5人のヒロイン達には過酷な過去がありました。
そこがしっかりと作られていて、絶望から希望へと向かって行く様が良かったです。
隔離された学園という設定や過去の悲劇を乗り越えるというストーリーに新しさはないのですが、内容が濃かったのでエロゲ界に名作と呼べる存在がまた1つ増えた気がしました。
それに3部作というこで、まだ完結していないというワクワクもありますし。
楽しませていただきました!!


ただ少し気になってしまったところがあります。
それは後半のシリアスへ突入するまでの前半の日常部分ですね。
んー、この日常パートはなんて言えばいいか難しいですなぁ~
ギャグが多くコメディタッチで描かれているんです。
例えばヒロインの誰かが榊由美子をからかう。
からかわれた由美子はカッターを出す。
それでカッターを向けられた相手は必死に謝罪する一連のギャグシーン。
いや、問題のある娘たちが集まる学園だから分かるんですよ。
個別シナリオプレイ前には分からないけど、カッターを手にしてしまう理由があるのでしょう。
でも僕は正直に言えばすぐにカッターを手にする女にはそれなりに引くし、それで笑う気にもなれません。
シリアスが根底にあるということで、笑いの邪魔になってしまうんですよね。
例えば人にすぐ影響をうけてしまう入巣蒔菜。
この娘も人の真似をしてしまい下品な言葉を使ってしまうのでしょう。
下ネタというのはネタというくらいですから、下品さに笑いが混ざって初めて完成する。
しかし単純に下品な単語を羅列しているだけで笑いが弱いから、下品さが露骨に出てしまう。
というかもうこの作品は下品さを武器にしてますよね。
PSPに移植されるそうですが、そっちの方が下品さが規制されて楽しめそうですね。
あと幸やみちるの個別シナリオを見ると、二人の個性の原因が明らかになり、2周目からは余計に明るい気持ちで見れなくなるんです!
楽しげに展開される日常シーンの中にシリアスが潜んでるというのは良く出来た演出だと思います。
しかしそれは笑って見れるものとは違うんですよね。
それが作品を始めると同時にすごい量があるわけです。
前半部分だけでプレイするのに1年以上かかってしまいました・・・
後半部分はスムーズに読み進められましたがね!
まぁだから評価は難しく一概に面白いやつまんないとは言えないです。


あと気になるのは髪の色ですかね。
これはこの作品に限らず、もう相当前からそうなんですがキャラクターの髪が色とりどり過ぎます。
まぁキャラの書き分けとしても便利ですし、髪の色に関してはもう仕方ないのかなと思っています。
ただ髪の色はストーリーの世界観からは省かなくてはいけないと思うんですよ。
しかしこの作品では金髪だけは演出のうちに入っているんです。
みちるのツンデレの金髪とか、JBの綺麗な金髪とか、榊由美子が誘拐された時に車で登場したMr. BATER風の金髪とか。
髪の色を演出に混ぜるならば金髪の対比として他のヒロインの髪の色は普通にしなければいけないでしょ。
そうなると大人しい娘が赤い髪とか、優しい家庭で育てられた娘がピンクの髪だったりはおかしいわけですよ。
そういう演出の統一は大事だと思います。


完結編の楽園が楽しみです!
延期を数回重ねてるみたいですが、それでもいいのでしっかりと完結させてほしいですね~
では楽園が発売するまでに迷宮をプレイしておきたいと思います!




以上




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。