スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「麻呂の患者はガテン系」のレビューでおじゃる

  • 2013/04/28(日) 00:26:31

本日レビューを書かせていただくエロゲは「麻呂の患者はガテン系」です


画像でおじゃる



麻呂の患者はガテン系




「新作つくり始めました(汗)」の文字が公式にページに現れてからずっと待っていましたよ。
なのでもちろん発売当日に購入してプレイしましたぜ。
他人の生み出した前評判なんて邪魔でしかないからいらないね!
だから正直に言えば僕のレビューも他人の意見だと割り切って、やっぱり自分自身で感じて欲しいです。
今回は前回の「ボクの彼女はガテン系」の7千円に比べれば相当敷居が低いです。
3400円ですからね。
でも最初は2800円だったのに地味に値上げしたことは忘れてあげないよ~。


僕の感想を書きましょうかね。
シナリオの内容にも触れてしまう部分もあるので、プレイするつもりの人はこんなの見てないでとっととプレイしてきなさいな!




どのようなシチュエーションがあるのか。

大きく分けると2部構成。
最初は医者パート。
河原崎家の一族2完全版のおまけシナリオ「悪いお医者さんに騙された杏奈ちゃん」のような感じ。
そして後半は介護パート。
媚肉の香り番外編の「律子の溜め息」のような感じ。
良く言えば2つのプレイをお手軽に楽しめる。
悪く言えば新しいシチュエーションはない。
いよいよ土天さんのやりたいことが1周してしまったんですかね?



なぜ麻呂なのか。

んー、分からない・・・。
麻呂という存在が全然マッチしていない、浮いてしまっている。
だって麻呂の白塗りの顔が誰にも観測されないんですもの。
そのくせ「おじゃる」という語尾には過剰に反応されるんですよね。
顔にまずツッコめよ!
それよりもあんな顔面しておいて「おじゃる」の1つも使わない方が違和感だろ~。
で、僕なりに何故麻呂を絡ませたのか考えてみました。
おそらく最初は麻呂の設定なんてなかったと思うんです。
医者プレイと介護プレイのみで完成した時に、インパクト不足のとても地味な作品に仕上がってしまったと思うんです。
タイトルも「彼女」を「患者」に変えただけの「ボクの患者はガテン系」だったはず。
これじゃダメだと思ったのか、じゃあ「ボク」という一人称を変えようと考えたのでしょう。
そこで麻呂という発想が生まれたはずです。
そうじゃないと明らかに麻呂って設定が浮きすぎですもん。



綾瀬 咲美の魅力。

医者パートであれだけ酷い目にあったのにもかかわらず、なぜあんなに親切に介護してあげたのか。
ここを考えると咲美の魅力が見えてくる。
麻呂は無免許医師という後ろめたさから警察に頼れない。
だから骨折させられても通報出来ない。
咲美はそれに感づいていたはずなんです。
じゃあもう丸く収まっているじゃないか、という風にはならないんです。
相手が悪事を働かせていたとしても、通報されないとしても咲美は麻呂の面倒を看るんです。
それはなぜなら麻呂に怪我をさせたということ自体の罪は償えていないからです。
そんな筋を通したい女性なんです!
そして筋を通したら通したで、次は心配性を発動させてしまうんですよ。
自分でも思いますよ・・・、僕は一体土天さんの生み出すヒロインに懲りずに何度惚れているのだろうと・・・。
あー僕の家にも窓からガテン系の女が現れないかなぁ。



麻呂の魅力。

この麻呂はね、信頼出来る男ですよ。
選択肢で「四の五の言わずに、とっとと乳さらせや」と選べばちゃんと一字一句変えずにそのまま口にしてくれます。
行動の選択肢では、ちゃんと嘘偽りなく実行してくれます。
だからこそ選ぶプレイヤーも真剣に悩めるんです。
よくありますよね、攻撃的な選択肢が出てきて、それを選ぶと「いや、それはやめておこう・・・」とか「出来るわけねぇだろぉ!」とかね。
ならそんなもん用意すんなよ!
選択肢ってのはそれなりの覚悟があって用意するべきもんだろ!
てか選択を無視されんならそもそも選択肢って何だよって話ですからね。
麻呂は何でもしてくれるので主人公の鏡だよ!






まとめ


レダメ。はelfを応援しますっ!




以上










スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。