スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぼーん・ふりーくす!」のレビューだ!

  • 2012/01/23(月) 01:27:19

本日レビューを書かせていただくエロゲは「ぼーん・ふりーくす!」だ!!!



画像だ!!



ぼんふり


あらすじだ!



幼い頃から重い病を患う少女・ウラシル。ウラシルの兄・セルは、何とか妹を元気な身体に治してあげようと医学を修め、医者となった。

しかし、医に通じるとともに彼は妹の病が既に末期であり、不治である事を知ってしまう。

だが、セルは決して諦めなかった。友人・フェニルの力も借りてウラシルを救う手段を模索する彼は、遂にある一つの可能性を見出す。果たしてその方法とは…




その方法とは・・・
あれです
言えませんが



まず開始早々泣きゲー展開で驚かされましたね
でもやっぱり5分と持たずに馬鹿ゲーへと一気に化けましたねww
ライアーソフトということでやっぱり泣きゲーの皮を被った馬鹿ゲーでしたね
この落差がたまりません

しかし読み進めているとフェイクだったはずの泣きゲーがちょこちょこ顔を出すんですよね
実は馬鹿ゲーの皮を被った泣きゲーだったのかもしれませんね
良いシナリオでしたぜ~


そしてライアーソフトの作品では恒例となっているゲームパトもありますよ!!!
それがね・・・
今までにも同ブランドの作品をそこそこプレイしてきましたが
このような馬鹿ゲーにはあまりキツい批判をしないようにしてきたんです
パートボイスだろうがシナリオが短かろうがおかずに全く使えなかろうが存在自体が面白い作品を前にすると何事も大目に見れる気持ちになってしまうんですよ
だから今作のことも口にせずになかったことにしようかと悩んだんですが今回はちょっと言わせていただきますね・・・

いいですか、エロゲってものをもう一度よく考えてくださいよ?
あぁ別に全然エロくなくて使い物にならないなんてことを言いたいんじゃありません
エロゲってのは18歳未満はプレイ出来ないんですよ
つまり18歳以上の大人に楽しんでもらうように作られているはずなんです
女の裸が出てくるだけだから18禁なのかい??
そんなんじゃ大人は楽しめません
子供だましは子供にしてください
そして何より言いたいのは大人と子供では時間の価値観が違うと思うんです
大人にとって時間とはかなり貴重な存在なんだと思います
作り手はその貴重な存在を奪っているんだということを理解しないといけない
「18歳未満はプレイしないで下さい」という言葉にはそんな意味も含まれていると思うんです



この作品のゲームパートさ、プレイヤーを楽しませるような内容ではありませんよね
作り手はこのゲームパートをプレイヤーが楽しみながらプレイできるものと勘違いしてたなら仕方がないんですがね・・・
馬鹿ゲーということで大目に見たとしても擁護できないレベルだと思いますね

みなさんはこんな経験はありませんか?
ドラクエやFFで敵を倒します
そしてマップを一歩だけ歩いたらまた敵が出てきてイライラしてしまうこと
例えるとこの作品のゲームパートはその現象がひらすら続くゲームなんです
それを楽しめと言われても・・・ねぇ


非常にもったいないです
シナリオに関してはことごとく良いんです
もしゲームパートを邪魔に感じることがなければ
僕の中でshogun8やメガラフター並の名作扱いになったんですがね
シナリオ、絵、音楽の3つはかなり評価できます
しかしこのゲームの作りだとゲームパートがダメってだけで
けっこうな割合が死んでしまうんですよね
ひたすら続く作業に耐えられる人にはオススメです!!!


以上



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。