スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇の声Ⅱ」のレビューだぁぜぇい

  • 2012/02/01(水) 01:29:15

本日レビューを書かせていただくエロゲは「闇の声Ⅱ」ですぅ



画像!!!


闇の声2


あーらーすーじー


私立瑛光学園は「友愛・勤勉・誠実」を校訓とする、規律正しい学園だった。謎の転校生・太刀川桂が現れるまでは・・・。
二学期の始業式をむかえる私立瑛光学園。始業式に向かおうとしていた学園長・京極マキの前に、ひとりの転入生が現れる。長い褐色の髪を赤いリボンで束ね、小さな眼鏡の下にいたずらっぽい瞳を隠した、たおやかな美少女はいぶかしむ学園長に、少女はにっこり微笑むと、こう宣言した。

「いい、これからこの学院の校訓は色欲・怠惰・快楽とするわ」



校訓が色欲・怠惰・快楽と来ましたか・・・
まさにこのゲームのテーマである3つのキーワードですね


まぁⅠに続いてⅡをプレイしました~
この作品に望むことは何か
それはズバリ「進化」です
Ⅰのレビューの時に言いました部分ですね
『登場人物の背景をもうちょっと見せておいて欲しかったかなぁ
あんなに真面目だった人間がここまで堕落するなんて!という驚きが必要だと思うのですが
このゲームのプロローグじゃやっぱりちょっと人物紹介が短すぎるかなぁ~と』
こんな偉そうな事を言っていました
このⅡのプレイ開始と同時に今度こそ頼むぜぇ~と祈りました
そしてどうだったかというと・・・
オイ!!!!!!!!!!!
Ⅰよりさらに短くなってんじゃねーか!!!
今作ではもうキャラクターの登場シーン=堕落開始です
キャラの浅い部分しか見せないデメリットは相変わらず健在でした
まぁ出てくるのが浅いキャラばっかりだから問題ないっちゃ問題ないんだけどさ!!
これはもう「浅いキャラなんだから浅い人物紹介で合点がいくだろうが」と開き直ってるのでしょうか
納得出来なくもないが・・・そうじゃないだろ!!
じゃあもっと掘り下げたキャラクターを作ろうよ
それで別に短くてもいいからプロローグ部分でプレイヤーに少しでも「良いな」と思ってもらえるようにしましょうよ
でそこから堕落させていくことによってこの「痴態連鎖アドベンチャー」というジャンルに深みをもたらせてくれるんじゃないでしょうか


Ⅰに比べて良くなっている部分もありました
キャラクターが倍くらいに増えて攻略難易度がかなり増した部分ですね
この難しさはやり応えが凄くてゲーム性があってともて楽しめました

それとⅠの時に出てきた女性化してしまう可愛い男の子枠が再び用意されていたのは嬉しかったです
Ⅰでは小泉 冬姫でしたがⅡでは小泉 春樹・・・
どうやら従兄弟という設定みたいです!!
今作でも順調に美少女化してました^^


Ⅰでの舞台は孤島の古い洋館だったんですが
Ⅱではガラリと変わってベタに舞台は学園です
プレイ前はグレードダウンしてそうだなぁと思ってしまったんですが
学園でも対象キャラクターが爆発的に増えるという利点もあり楽しめました
最後の卒業式のシーンも爆笑しましたww


それと気になったことはシナリオですかね
Ⅰの最後でKというメイドさんの正体が明かされました
そしてⅡでは最後でまたそのKに展開が起きてこの作品は終了してしまいます
シナリオはちょっとずつちょっとずつ進んでいますね・・・
ちょっとずつ過ぎるだろ!!
この作品にはⅢも存在してるんですがおそらくそちらでもシナリオ展開は期待出来そうになさそうですね


まぁそんな感じでこの作品は良い意味でも悪い意味でも悪い意味でも「痴態連鎖アドベンチャー」というのが全てなんですよ
それでもやってみたいという人にはオススメです!



以上


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんばんは、夜遅くにすみません。このブログが気に入りました!ですので、相互リンクの方お願いいたいのですが宜しいですか?
できれば、お願い致しますm(__)m
下のURLが僕のブログのURLです。
お願いします~。
http://indextomerry.blog39.fc2.com/

  • 投稿者: メリーです。
  • 2012/02/01(水) 01:56:57
  • [編集]

メリーさん初めまして(_ _)

ブロとも申請を送らせていただきました(_ _)

  • 投稿者: レダメ。
  • 2012/02/02(木) 12:06:28
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。