スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇の声 異聞録」のレビューである

  • 2012/02/23(木) 02:16:11

本日レビューを書かせていただくゲームは「闇の声 異聞録」ですの!


画像ー


異聞録



そしてそしてあらすじ



一度入ってしまうと、入室者の性別を変えてしまうという洋館があった。
その洋館に迷い込んだ者は享楽的になり、性欲に溺れるようになるという。
そこに一組の姉弟が迷い込む。




闇の声というシリーズが始まってⅡ、Ⅲと続いてきましたが
今回は「異聞録」という少し違う路線できましたね
ジャンルも今までずっと「痴態連鎖アドベンチャー」というものだったんですが
今回は「言霊洗脳堕落遊戯アドベンチャー」というものになりました
Ⅳではないんですよね
まぁたしかにあのⅢからⅣ、Ⅴという感じでダラダラ続いてたらこのシリーズ自体が堕落していったことは間違いないでしょうね
どうですか今の僕のギャグセンス溢れる一発は?爆笑でしょ?
・・・・
どうしよう今回のレビュー最初から書き直そうかな・・・


気を取り直して続けます!!!!!
もうハッキリ言っちゃいましょう
この異聞録、今までのシリーズで一番良かったです
まぁ正直今までの闇の声作品とこの異聞録を比べるのは多少のズレが生まれてしまうんですよね
今までのとこの異聞録で感じた楽しさってのはそれぞれ別の部分ですから
過去のこのシリーズの作品では堕落させていく過程が楽しかったのですが
この異聞録は作品の構成が素晴らしい
この「言霊洗脳堕落遊戯アドベンチャー」というジャンルを生かして今までの「闇の声」というシステムを上手く利用したトリックが仕組まれています
相変わらず堕落させていく楽しさもちゃんとあるんですが、今回はそういう部分が一番楽しめましたね
それにⅠ~Ⅲのキャラクター達もけっこう登場します
いろいろな意味を込めてこの作品は1つの集大成と呼べる作品に仕上がっていると言えるでしょう



闇の声シリーズのシナリオは幻咲也さんが担当しています
しかし今回は同ブランドの「MinDeaD BlooD」や「EXTRAVAGANZA」を担当した和泉万夜さんがシナリオを書いています
普段の「闇の声」の良さとはまた別の良さを引き出されていたということにも納得です

と言ってもやっぱりシリーズの一番の魅力である「エロさ」はちゃんと出てますね
主人公が女性でその弟と島に流れ着くという設定
その姉と弟の関係のおかげで背徳感もいつもより強かったです
そんなこんなでオススメ!!!




以上




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。